第30回JABA一関市長旗争奪クラブ野球大会  東北マークス(宮城)が初優勝

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 7

水沢駒形野球倶楽部(岩手)は準優勝。
イメージ 5

イメージ 6

▼最高殊勲選手賞  大友 健太 選手〔東北マークス〕
イメージ 8

▼敢闘賞  菅原 瑛真 選手〔水沢駒形野球倶楽部〕
イメージ 9

▼首位打者賞も菅原 瑛真 選手〔水沢駒形野球倶楽部〕に。 18打席17打数10安打 .558
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

▼ 勝部 修 一関市長
イメージ 16

イメージ 17

▼開幕試合  ゴールデンリバース(秋田・右) VS 一関ベースボールクラブ(岩手・左)
イメージ 18

▼始球式は、地元 赤荻スポ少の阿部 力翔(りと)君(6歳)・琥羽(こう)君(8歳)・琉生(るい)君(9歳)の3兄弟
イメージ 19

今大会4強には、ゴールデンリバース(秋田)・水沢駒形野球倶楽部(岩手)
・東北マークス(宮城)・富士通アイソテックベースボールクラブ(福島)の東北地区4チームが
残り対戦。
結果は富士通アイソテックベースボールクラブ、水沢駒形野球倶楽部に勝った東北マークスが
優勝しましたが、クラブ選手権第2次予選東北大会では富士通アイソテックースボールクラブが
東北マークスに10-0で勝ち優勝(第1代表)。
東北マークスは第2代表、第3代表に弘前アレッズ(青森)、第4代表はゴールデンリバース
という結果に終わり、昨年全国大会で前年度優勝チームを破った水沢駒形野球倶楽部は全国
切符を逃しました。
東北地区代表4チームのご健闘を祈ります!