みなさんお久しぶりです。
 
国内の野球は既に、「オ」「ー」「プ」「ン」しているのに、
 
岩手はまだ雪の中、そして寒いですね。
 
3月27日(土)に行った『第10回審判員技術研修会』は、
 
当初予定していた花巻・富士大学のグラウンドも一面雪で、
 
屋内スポーツセンターも全国高校選抜ハンドボール大会のため使えず、
 
花巻球場へ移動して行いました。
 
イメージ 1
 
    ↓ 座学で説明する、杉山幸雄東北ブロック長(岩手県野球連盟副理事長)
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
屋外でのジェスチャー・発声練習から室内練習場両面を使用しての投球判定練習へ。
 
グラウンドで行うような実戦形式は十分にできませんでしたが、
 
ランダウンプレー、キャンプゲームなど、悪天候の中35名全員が参加し、
 
寒さを吹き飛ばす大きな声ときびきびとした動作で、
 
時間を短縮した中でも充実した研修会になったのではないでしょうか。
 
野球技術も審判技術も、基本の繰り返しが重要だと、いつもこの研修会で感じます。
 
さあ今週から4月です!! 春を早く呼び寄せましょう!!!
 
 
※ しばらく更新していなかったら、Yahooのブログ、記事の投稿がしやすくなってました。
 
 今シーズンは、動画の投稿にチャレンジしてみます。お楽しみに!