第32回JABA一関市長旗争奪クラブ野球大会は、WEEDしらおい(北海道)が所沢グリーンベースボールクラブ(埼玉)との決勝戦に9-8で勝ち、4年ぶり(2020年は新型コロナウイルス感染防止のため中止)2回目の優勝。
※終了時間等を考慮し、特別ルールにより8回打ち切り)
P1100730 (2)

P1100643 (2)

P1100657 (2)

P1100666 (2)

準優勝:所沢グリーンベースボールクラブ
 ※準優勝楯を受け取るのは、土岐 謙太捕手〔元フェズント岩手〕
P1100676 (2)

最高殊勲選手賞:社 翔人選手〔WEEDしらおい〕
P1100689 (2)

敢闘賞:柄澤 祥雄選手〔所沢グリーンベースボールクラブ〕
P1100697 (2)

首位打者賞:川瀬 啓太選手〔WEEDしらおい〕  18打席14打数9安打  打率.643
P1100707 (2)

P1100381

P1100367

P1100385

P1100504

P1100525

P1100558

P1100547

P1100597

P1100608

気温の高かった2日間、各チームの選手はその暑さに耐えながらも走攻守に力のあるプレーが多く見られ、準決勝に進出できなかった東北地区各チームは、他地区との様々な違いを実感できたと思います。
コロナ禍の中、また祝日の変更等で大会日程を2日間とせざるを得ない状況で、出場各チームにはかなりご負担をおかけしたと思います。
事前に申請いただき、遠方から観戦にお越しになった選手ご家族、チーム関係者の皆様、この大会開催にあたりご協力いただきました関係各位にあらためて感謝申し上げます。